独立行政法人日本芸術文化振興会(以下「当振興会」といいます)は、当振興会が運営するインターネットチケット販売サイト(以下「本サイト」といいます)の利用について、以下のとおり「利用規約」(以下「本規約」といいます)を定めます。

第1条(定義)

本規約は、本サイトにおいて提供する、各種チケットの販売サービス又は会員登録制サービス (以下「本サービス」といいます)を利用されるお客様(以下「お客様」といいます)及び当振興会に適用されます。
本サービスを利用した場合は、お客様が本規約に同意したものとみなされます。
お客様は、本サービスのご利用に際し、本規約のほか、本規約の下位規約ならびにお客様があぜくら会及び文楽劇場友の会会員である場合には、あぜくら会及び文楽劇場友の会会員規約(以下総称して「本規約等」といいます)を遵守するものとします。
未成年者が本サービスを利用する場合、都度事前に親権者の同意を得るものとします。

第2条(本規約の適用範囲及び変更)

本規約の本文の他に、規定されている個別規定も、本規約の一部を構成します。
また、本規約と個別規定が異なる場合には、個別規定の定めが優先されるものとします。
当振興会は、お客様に対して事前の通知をすることなく本規約及び個別規定の全部又は一部を変更することがありますので、 チケット予約申し込みの際は必ず本規約及び個別規定をご確認ください。内容変更後は、変更後の内容のみ有効とさせていただきます。
当振興会は、本サービスの運営又は技術上、そのシステムや内容の変更が必要であると判断した場合、お客様に対し事前に通知することなく、本サービスのシステム又はその内容に変更を行うことがあります。

第3条(利用環境)

お客様は、本サイトにおけるチケット購入サービス及び各サービスを受けるために必要となる適切な機器・ソフトウェア等(以下「ユーザー設備等」といいます)を自らの責任と負担において設置し使用するものとします。
お客様は、本サイトにおけるチケット購入サービス及び各サービス利用に関する一切の通信料、接続料等を、自らの責任において負担するものとします。
ユーザー設備等の不備、設定ミス、不適合等により、チケット購入サービス又は各サービスの機能が正しく作動しない場合、及びそれがもたらす諸影響に関して、当振興会は一切の責任を負いません。
お客様は、携帯端末でのご利用の場合、携帯端末の新規発売機種等、端末によっては本サービスのご利用に対応するまで時間がかかる場合や対応できない場合があることを予め了承するものとします。
お客様は、当振興会のドメイン(ntj.jac.go.jp)からの電子メールを常に受信できるよう設定するものとします。当振興会は、当振興会からの電子メールを一度でも受信拒否したお客様に対し、その後の電子メールでの連絡を控えることがあります。なお、受信拒否を解除したお客様は、その旨を速やかに当振興会に届け出るものとします。

第4条(本サービスの中断又は中止)

当振興会は、以下のいずれかに該当する場合、本サービスの運用の全部又は一部を中断・中止することができるものとします。

(1)本サービスのシステムの定時又は緊急の保守・点検を行う場合。
(2)当振興会が設置又は管理する設備の異常、故障、障害その他本サービスをお客様に提供できない事由が生じた場合。
(3)戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電、輸送手段の混乱、その他当振興会の責めによらない事由により、本サービスの提供ができなくなった場合。
(4)その他、当振興会が本サービスの運営上必要と判断した場合。


当振興会は、理由の如何を問わず、本サービスの提供の中断又は中止によって生じたお客様の損害につき、一切責任を負わないものとします。

第5条(禁止事項)

お客様は、本サービスのご利用にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。

(1) 本サービスの他の利用者、第三者又は当振興会の著作権、財産権、名誉、プライバシー、ノウハウもしくはその他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
(2) 前号の他、他の利用者、第三者又は当振興会に不利益もしくは損害を与える行為、及び与えるおそれのある行為。
(3) 公序良俗に反する行為、もしくはそのおそれのある行為、又は公序良俗に反する情報を本サービスの他の利用者もしくは第三者に提供する行為。
(4) 犯罪的行為、もしくは犯罪的行為に結び付く行為、又はそのおそれのある行為。
(5) 政治、宗教、性風俗に関する行為。
(6) 本サービスを利用した営業行為、営利を目的とする行為、又はその準備を目的とした行為。
(7) コンピューターウィルス等の有害なプログラムを、本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用する行為、もしくは提供する行為。
(8) ログインID又はパスワード、暗証番号を不正に使用する行為。
(9) 本規約もしくは法令に違反する行為、又は違反するおそれのある行為。
(10) その他、当振興会が不適切と判断する行為。


お客様に前項各号の行為があった場合、本サービスの利用をお断りする場合があります。

第6条(免責事項)

本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとし、当振興会は、本サービスの内容及びお客様が本サービスを通じて取得する情報等の完全性、正確性、確実性、有用性等について、いかなる保証も行わないものとします。
当振興会は、本サービスの中止、中断、変更もしくは廃止、本サービス提供の遅滞、又はその他本サービスに関連して発生したお客様又は第三者の損害について、一切責任を負わないものとします。
当振興会は、本サービスの運用にその時点での技術水準を前提に最善を尽くしますが、情報の漏洩、消失、他者による改ざん等の防止の保証はいたしません。
当振興会は、本サービスにより販売されるチケット等の販売数量が全てのお客様の購入希望を満たすことを保証するものではなく、また、本サービスにより販売されるチケット等に記載された内容が真実であること(記載どおりに興行されることを含みます)についていかなる保証も行わないものとします。
本サービスにおいては、電子メールの不達・誤達・遅達等のトラブルについて、当振興会は一切責任を負いません。
本サービスにおいては、チケット代金の決済及びチケットの配送に際して生じたトラブルについて、当振興会は一切責任を負いません。

第7条(著作物等の利用)

お客様は、当振興会又は権利者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、本サイトを通じて提供される情報、画像又はファイルについて、著作権法で定める個人の私的利用の範囲を超えて、使用することはできないものとします。

第8条(お客様への通知方法)

当振興会からお客様に対する通知は、本サイトでの掲示又は電子メールその他当振興会が適当と認める方法により行うものとします。
前項の通知が本サイト上の掲示により行われる場合、当該通知が本サイト上に掲載されお客様がサイトにアクセスすれば当該通知を閲覧することが可能になった時をもってお客様への通知を完了したものとします。

第9条(問合せ等)

お客様からの本サイトにおけるサービスに関する質問、クレーム等については、当振興会が、所定の方法により受付けるものとします。
前項に定める質問、クレーム等への回答は、当振興会は、自己の判断により、電話、又は電子メール等適切な方法により行うものとします。

第10条(各サービスの利用料金)

お客様は、利用料金等に関わる消費税その他取引に伴い賦課されるすべての税及び関税を負担するものとします。
利用料金等の支払いについて、クレジット会社、収納代行会社、金融機関等で別途利用条件、支払条件、利用限度額の設定等の規定がある場合には、それらに従うものとします。
お客様と当該クレジットカード会社、収納代行会社、金融機関等との間で紛争が発生した場合は、当該当事者間双方で解決するものとし、当振興会は一切の責任を負わないものとします。

第11条(個人情報の取り扱い)

当振興会は、お客様の個人情報を別途定める「プライバシーポリシー」に基づき取り扱うものとし、お客様は、本同意条項に同意するものとします。

第12条(使用言語)

本利用規約及び個別規定等本利用規約に関する規定は、すべて日本語をもって正式言語とし、これらに基づく通知その他の意思表示における使用言語は、日本語とします。

第13条(準拠法)

本規約の成立・効力・履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

第14条(管轄裁判所)

本サービスに関連して、お客様と当振興会との間で紛争が生じた場合には、双方誠意をもって協議の上解決するものとします。
協議をしても紛争を解決できない場合には、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第15条(附則)

本規約は2007年5月20日(10時)より発効するものとします。
2014年3月31日(10時)一部改正、同日実施



第1条(契約の成立)

本サービスにおける当振興会とお客様間のチケット購入契約は、当振興会がお客様による購入申し込みの送信を受け、決済処理を完了した時に成立したものとみなします。

第2条(販売の拒否)

当振興会は、以下のような場合、チケットの販売をお断りいたします。

(1)お客様が当振興会の定める事項について虚偽の申告をされた場合、又は必要な申告をされなかった場合。
(2)他のお客様又は第三者の迷惑になるような行為、又は当振興会の円滑な販売を妨げるような行為をされた場合。
(3)当振興会よりご案内の期限内に所定の手続きをされなかった場合。
(4)当振興会が指定する購入方法をお守りいただけなかった場合。
(5)お客様が入金方法を選択し認められた場合で、入金期限までにご入金いただけなかった場合。

第3条(変更、キャンセル、クーリングオフ等)

第1条に基づくチケット購入契約の成立後は、第9条但し書に定める場合を除き、理由の如何を問わず、他の日時又は他の席種のチケットへの変更、金銭との交換、キャンセルはお受けできません。本サイトにて購入いただいたチケットは、クーリングオフ対象外の商品となっております。

第4条(購入枚数の制限等)

必要に応じ購入枚数、購入方法等につき制限を設けることがあります。

第5条(販売の終了)

販売期間中であっても当振興会の予定枚数に達した時点で個々のステージ毎に販売を終了いたします。ただし、当振興会から追加席・追加公演があった場合は販売を再開することがあります。
期間前及び販売期間中であっても、当振興会の都合により、急遽販売を終了する場合がございます。この場合、当振興会は一切責任を負わないものとします。

第6条(チケット購入申し込み)

お客様には、本サービスの購入申し込みの際、チケット購入申し込み画面内の指示に従い所定の情報を正確に入力していただきます(ご入力された情報が不正確又は不十分な場合には、チケット販売をお断りする場合があります)。
通信回線の混雑又はコンピューターシステム上の不慮の事故等により、チケット購入の成否の確定又はその通知が大幅に遅れ、又は不可能となったとしても、当振興会は、これによりお客様又は第三者に生じた損害に対し一切責任を負いません。

第7条(同一内容の申し込みについて)

本サービスにおいて、お客様の入力ミス、あるいは通信環境の不具合等により重複申し込みをされた場合でも、当振興会は一切責任を負いません。また、その代金についての返金はいたしません。
本サービスにおいて、特定のお客様が同じ内容の申し込みを多数回行い、当振興会が購入意思の無いものと判断した場合、 全ての申し込みに対してその後のいかなる購入手続きもしないことがあります。

第8条(購入内容確認メール送信)

チケット購入申し込み成立後、お客様に対し、当振興会より購入内容確認の電子メールを送らせていただきます。これらの電子メールによる通知は、チケット購入申し込みの際にお客様が入力した電子メールアドレスを管理するサーバーに到達した時にお客様に到達したものとみなします。ただし、本サービスにおいては、チケット購入申し込み時のオーダーフォームへの電子メールアドレスの虚偽入力、誤入力又は入力漏れ、判読不可能な文字化け現象等、お客様からの申し込み内容に何らかの不具合が生じた場合には、電子メールを返信できないことがあります。また、電子メールの不達・誤達・遅達等について、当振興会は一切責任を負いません。

第9条(購入内容の変更・キャンセルの禁止)

本サービスにおいて、当振興会は、チケット購入申し込み後の、購入内容の変更及びキャンセルを一切受け付けません。但し、当振興会の都合において公演をキャンセルする場合はこの限りではありません。

第10条(チケットの代金及び支払方法)

お客様からの申し込み内容に応じてチケット代金、消費税、配送手数料等(以下「代金等」といいます)の決済をいたします。
お客様は、当振興会の定める期日までに、「個別規定」中のいずれかの方法により、代金等の支払いを行うものとします。

第11条(チケットの受け取り)

お申し込みいただいたチケット等は、前条に基づく決済確認後に、お客様の選択された方法により受け取ることができます。

第12条(チケットの自動発券機による受け取り)

本サイトにて購入したチケットは、あぜくら会・文楽劇場友の会会員のお客様はご購入当日から、その他のお客様はご購入完了の72時間後から当振興会所定の自動発券機にて発券することにより受け取ることができます。但し、当振興会が別途引取期間を定めた場合には、それに従うものとします。
引取期間を過ぎてチケットのお受け取りができない場合でも、当振興会はチケット代金の払い戻しには応じかねますので予めご了承ください。
チケットは、本サイトにてチケット購入時に使用したクレジットカードを挿入する、ご購入チケット明細書に添付の二次元バーコードをかざす、又は申し込み番号を入力することにより発券することができます。

第13条(チケットの配送による受け取り)

本サイトにて購入したチケットは、配送にて受け取ることができます。但し、購入日から公演日まで日数がない場合には、前条の自動発券機もしくはチケット売場窓口でのお受け取りとなります。
あぜくら会員又は文楽劇場友の会会員以外のお客様は、配送にて受け取ることを希望する場合には、所定の配送手数料を支払うものとします。あぜくら会員又は文楽劇場友の会会員へは、無料で配送します。
配送を選択されたお客様において、ご指定いただいた送付先が誤っていた場合等によりお手元にチケット等が届かなかった場合でも、当振興会は一切その責任を負いません。
チケット等の配送は日本国内のみ承ります。チケット等の日本国外への配送等につきましては、当振興会では対応いたしかねますので予めご了承ください。

第14条(転売の禁止)

本サービスを通じ購入したチケットを、営利を目的として転売すること、及び第三者に転売の委託をすることを禁止します。 なお、オークション及びインターネットオークションへの出品も禁止します。
前項に違反した場合、当振興会が自らの判断で購入済みのチケットを無効とし、チケット代の返金、及び入場を認めないことがあります。 既に入場している場合には退場を命じることがあります。また、当振興会から直接購入された以外の「チケットショップ」や 「購入代行業者」「ダフ屋」等から購入したチケットのトラブルについて、当振興会は一切責任を負いません。

第15条(公演の中止・払い戻し)

公演の中止、又は延期等内容が変更され、これによりお客様又は第三者に損害が生じたとしても、当振興会はこれに対して一切責任を負いません。
公演の中止又は内容変更に対しチケット代金の払い戻しが行われる場合は、当振興会の定める払い戻し期間に限り払い戻しを行うものとし、払い戻し期間を経過した場合は払い戻しに応じません。また、払い戻しを行う金額はチケット代金のみとし、配送手数料、システム利用料、 宿泊代もしくは旅費等のキャンセル料等のチケット代金以外の料金については、払い戻しいたしません。

第16条(紛失・盗難)

チケットはいかなる場合(紛失・盗難・破損等)でも再発行いたしません。

第17条(決済)

本サービスにおいて提供する決済方法について、以下のように規定します。また、以下の各項は、その決済方法を利用する公演についてのみ有効になるものとします。

(1)クレジットカードによる決済
クレジットカードでのお支払いを選択されたお客様については、クレジットカードの与信手続きを行います。クレジットカードの与信手続き完了をもって販売契約の成立とします。なお、チケット予約申し込みの際の虚偽入力、誤入力又は入力漏れ、各クレジットカード会社の規約等に準じない等の何らかの理由でお客様のクレジットカードによる決済ができない場合は、チケットの販売には応じかねます。
(2)コンビニ専用払込票による決済
コンビニでのお支払いを選択されたお客様には、チケット予約手続き完了後、専用払込票をご指定の住所まで郵送いたします。お客様は、当振興会の指定する期日までに払込票裏面記載のコンビニエンスストア店頭にて代金をお支払いください。代金等払込の完了をもってチケット販売契約の成立とします。当振興会の指定する期日までに代金等のご入金が確認されない場合、ご予約のチケットはキャンセル扱いとなります。

第18条(附則)

本規約は2007年5月20日(10時)より発効するものとします。
2014年3月31日(10時)一部改正、同日実施



第1条(本規約の範囲及び変更)

本規約は、独立行政法人日本芸術文化振興会(以下「当振興会」といいます)がインターネットで提供する各種サービスのうち「会員登録制サービス」(以下「本サービス」といいます。)の利用に際し、当振興会及びNTJメンバー(インターネット会員)(以下「会員」といいます)に適用されるものとします。
本規約は、個別規定とともにインターネットサービス利用規約(以下「サービス利用規約」といいます)の一部を構成します。
入会契約の成立後、会員は誠実に本規約を遵守する義務を負うものとします。
当振興会は、合理的な範囲・方法により、会員の格別の承諾を得ることなく本規約を変更でき、会員は予めこれを承諾するものとします。

第2条(入会契約の申し込み)

本サービスへの入会を希望する人(以下「入会希望者」といいます)は、インターネットで提供されるサービス利用規約、及び本規約を承諾した上で、所定の手続に従って、本人自身で入会契約締結を申し込むものとします。
入会希望者が未成年者である場合、入会希望者は、本サービスに入会すること及び本サービスを利用することについて、親権者の事前の同意を得るものとします。
決済手段としてクレジットカードを指定した場合は、クレジットカードの会員規約に従うものとし、当該クレジットカード会社にて認証確認が行なわれることについて、予め同意したものとします。

第3条(入会契約の成立)

入会希望者が、第2条に規定する入会契約の申し込みを行い、これに対して当振興会が承諾した時点をもって、入会契約が成立したものとします。
当振興会は、入会希望者が以下の項目に該当する場合、当該入会契約の申し込みを承諾しない場合があります。

(1)入会希望者が既に会員になっている場合。
(2)入会希望者が、過去において、本規約違反等により会員資格の取消等の処分を受けたことがある場合。
(3)申し込み内容に虚偽、誤記又は記入漏れがあった場合。
(4)未成年者である入会希望者が親権者の同意を得ていない場合。
(5)その他、合理的な事由により、当振興会が入会契約の締結を不適当と判断する場合。

第4条(連絡事項)

本規約の変更の通知、その他当振興会から会員への通知は、電子メール、「日本芸術文化振興会ホームページ」及び「国立劇場チケットセンターホームページ」上の掲示、その他当振興会が適当と認める方法により行われるものとします。
前項の通知が電子メールで行われる場合、当振興会は、会員が予め届け出た電子メールアドレス宛に発信し、会員の電子メールアドレスを保有するサーバーに到着したことをもって、会員への通知が完了したものとみなします。会員は、当振興会が電子メールで発信した通知を、遅滞なく閲覧する義務を負うものとします。

第5条(遵守事項)

会員は、本規約、サービス利用規約及び個別規定を遵守するものとします。

第6条(登録内容の変更)

会員は、入会契約の申し込みにおいて届け出た内容に変更があった場合には、速やかに所定の方法により当該変更の届出を当振興会に対して行うものとします。
会員は、前項の届出を怠ったことにより、当振興会からの通知又は物品の送付が不到達となっても、通常到達すべきときに到達したとみなされることを予め異議なく承認するものとします。
第1項の届出を怠ったことによる会員の損害について、当振興会は一切の責任を負いません。また、会員が前記届出を怠ったことにより当振興会その他の第三者が被った損害について、会員は全ての責任を負うものとします。

第7条(退会)

会員からの申し出の無い限り、会員有効期限は無期限とします。 会員が退会を希望する場合には、所定の方法により会員自ら退会の届出を当振興会に対して行うものとします。その際、当該会員は当振興会に対する債務の全額を直ちに支払うものとします。 当振興会は、理由の如何を問わず、既に支払われた料金等の払戻義務を一切負わないものとします。 当振興会は、会員からの退会の届出を受領してから1年間は会員の個人情報、利用履歴を保有し管理するものとします。

第8条(会員資格の停止・取消)

会員が以下の項目に該当する場合、当振興会は、事前に通知することなく、直ちに当該会員の会員資格を停止又は取り消すことができるものとします。また、会員資格が取り消された場合、当該会員は、当振興会に対する債務の全額を直ちに支払うものとします。また、当振興会は、理由の如何を問わず、既に支払われた料金等の払戻義務を一切負わないものとします。

(1)入会申し込みにおいて、虚偽の申告を行ったことが判明した場合。
(2)サービス利用規約第5条で禁止している事項に該当する行為を行った場合。
(3)料金等の支払債務の履行遅滞又は履行不能が発生した場合。
(4)手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合。
(5)一個人が会員登録を多重にしていると当振興会がみなした場合。
(6)営利を目的として、購入もしくは譲り受けたチケットを第三者に販売ないし譲渡した場合。
(7)本規約に違反した場合。
(8)その他、合理的な事由により会員として不適切と当振興会が判断した場合。

会員が前項各号に該当する場合、当該会員は当該行為により当振興会その他の第三者が被った損害を賠償する責めを負うものとします。

第9条(利用前の準備)

会員は、自己の責任と負担において、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、電話利用契約及びインターネット接続契約等を準備するものとします。

第10条(ID及びパスワードの管理)

会員は、ログインID及びパスワードの管理責任を負うものとします。
会員は、当振興会指定のウェブサイトから、NTJメンバーのログインID及びパスワードを用いて本サービスを利用することができます。
当振興会は、入力されたID及びパスワードをもって、会員の本人確認を行います。ID及びパスワードが登録されたものと一致することを当振興会が確認した場合、会員本人による利用であるとみなします。
ログインID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は、会員が負うものとし、当振興会は一切の責任を負いません。
会員は、ログインID及びパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることを知った場合には、直ちに当振興会にその旨を連絡するとともに、当振興会からの指示がある場合には、これに従うものとします。

第11条 (会員情報の利用)

当振興会は、会員が入会契約の申し込みを行った際に知り得た情報、又は会員が本サービスを利用する過程において知り得た情報に関し、以下の項目に該当する場合を除き、正当な理由なく第三者に対して開示しないものとします。

(1)会員が、個人情報(会員の氏名、住所、電話番号、生年月日、電子メールのアドレス等)の開示について同意している場合。
(2)当振興会が、本サービスの利用動向を把握する目的で収集した統計情報を、会員の特定ができない形式に加工して開示する場合。
(3)本サービスにより購入したチケットを用いて会場に入場する際の本人確認のため、チケット購入者及びチケット利用者の情報を使用する場合。
(4)本サービスにてチケットを購入した会員やチケット利用者に対して、公演中止・延期・内容変更等の連絡や、それに伴う払い戻し業務を行なうため、チケット購入者及びチケット利用者の個人情報の一部(氏名、住所、電話番号、電子メールのアドレスなど)を使用する場合。
(5)法令により開示が認められている場合。
(6)法令により開示が求められた場合。
(7)犯罪捜査のために警察等の公的機関から要求された場合。
(8)その他、本サービスの運営上必要な場合。

会員は、その個人情報を利用して当振興会がダイレクトメールその他の手段により営業活動を行うことを予め承諾するものとします。

第12条(管轄裁判所)

本サービスに関連して、会員と当振興会との間で紛争が生じた場合には、当事者間において誠意をもって解決するものとします。
協議をしても解決しない場合、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第13条(附則)

本規約は2007年5月20日(10時)より発効するものとします。
2014年3月31日(10時)一部改正、同日実施



ウィンドウを閉じる